2024.04.10
事故事例

電気設備工事で発生した事故と対策

作業員が感電事故

ある建設現場で、電気設備工事中に作業員が感電事故に遭遇しました。

原因

この事故は、断線した電線に無防備な状態で触れたことが原因で発生しました。作業員は怪我を負い、重篤な状態に至りました。

対策

作業員に対して、電気安全に関する訓練と教育を定期的に行います。

これには、感電の危険性や安全な作業手順の習得が含まれます。

作業員には、電気設備工事におけるリスクや事故例についての理解を深めるための教育が必要です。


作業現場では、安全な電気設備工事のための適切な安全対策を徹底します。

これには、絶縁手袋や絶縁靴の着用、電源の遮断、安全な作業プラットフォームの設置などが含まれます。

電気設備工事を行う際には、作業員が作業を行う周囲の環境も考慮し、安全な状態を維持するための措置を講じます。


電気設備工事における材料や機器の品質管理を徹底し、安全性の高い製品を使用します。完了した電気設備工事には、定期的な点検とメンテナンスを行い、潜在的な問題を事前に発見して修正します。


チーム全体が協力して、電気設備工事中の安全性を確保するための努力を行います。

作業員と管理者との間で適切なコミュニケーションを確保し、安全に関する情報を共有し合います。

これらの事故対策を実施することで、電気設備工事中の事故のリスクを最小限に抑えることができます。安全意識の向上と適切な対策の実施が、作業員や現場の安全を確保する上で不可欠です。